工房の南側のクヌギの木の下に牛が一頭休んでいます。

この木の塊り、大きすぎて切ることも割ることも出来ず。

薪にするのも大変だったので、ブロックを下に敷いてテーブルにしました。

森fameの面々が、農作業の合間に、このテーブルで良くお茶をしてます。

左側から見ると牛に見えます。

最初に「牛に見える」言い出したのは甥っ子の奥さん。

それまでは、只の木の塊りにしか見えなかったものが、一度そう見えると、

次からはちゃんと牛に見えるから不思議です。愛着もわきます。

今日は、気持ちよさそうに日向ぼっこをしています。
$棒禅三昧!手前味噌!-??.JPG

テーブルの牛は、いつもこんな風に妹のステンドグラス工房をながめています。
$棒禅三昧!手前味噌!-??.JPG

牛のテーブルから入口の方へ歩いて行きます。
$棒禅三昧!手前味噌!-??.JPG

小路を歩いて、振り返ると秋色の中にステンドグラス工房が見えます。
$棒禅三昧!手前味噌!-??.JPG

今日は酒蔵をリホームして、この工房を設計した設計士の依頼でカメラマンが来ていました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。