別府ジビエ鳥獣処理施設の友人

『別府ジビエ鳥獣処理施設』

「趣味が高じて解体施設まで作っちゃったよ!」と言う古くからの友人。

今や鹿や猪の被害は甚大、玖珠地方でも田畑は元より山林はいくら植林しても全て芽や樹皮まで食べられ全く育たない。

人々は鹿ネット、猪ネットに囲まれて生活している。

彼の狩猟チームは総勢12名、別府周辺の山野で活躍中、殆んどが高齢者で後継者育成が望まれる。

一昨年は300頭以上、昨年も280頭余り仕留めたそうだ。比率は鹿2に対して猪1だそうだ。

今日も訪ねた時、鹿を解体中だった。

孤軍奮闘頑張ってください(^◇^;)