これまでの反省から、今回の麹作りは蒸米の水分を若干抑え気味にした。

品温はやや低めを推移して来たように感じるが、
それでも種付けから24時間たった正午頃には45℃を超えた。

午後1時頃には毛布の覆いを外しても良い頃だと思ったが、
テレビの「たかじんのそこまで言って委員会」を見終えて、麹の覆いを解いた。
品温47℃、温度はちょっと上がり過ぎかも?

テレビを見たかったのと、
蒸米の水分を抑え気味だったので、湿度を少し長めに保って置きたいと判断し、
覆いを外すのを遅らせた結果だ。

午後3時、覆いの毛布を取る。
$棒禅三昧!手前味噌!-??.JPG

麹菌の菌糸が伸びて固まりが出来ている。
$棒禅三昧!手前味噌!-??.JPG

塊りを解きほぐし、
かき混ぜて温度を下げ(42℃)、再び毛布で包む。
$棒禅三昧!手前味噌!-??.JPG

2時間後、再び毛布の覆いを外し40℃以下に温度を下げる。(32℃~40℃)

ここから先は放って置くと温度が直ぐに上がるので、

明日の朝まで2~3時間置きに様子を見ながらの温度管理となる。

温度計を差し込んで温度管理。
$棒禅三昧!手前味噌!-??.JPG



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です