ロハス梅林たまりば・ロハス玖珠たまりば

ロハスを簡単に表現すると「心と身体、地球に優しいライフスタイル」となります。 18才の時少林寺拳法に出会いました。「自他共楽」「理想建設」は少林寺拳法開祖の教えでした。理想郷ではなく理想です。「」は「場所」や「心のありさま」を現す漢字です。 私は酒造元に生まれ大学は醸造学科に学びました。大学を卒業して間もなく酒造は廃業し学んだスキルは活かされないまま凡そ40年が過ぎました。酒造りは無理でも麹なら作れると趣味で始めた麹作り、ビサ窯も作って皆んなが楽しめる場所を造ろうと思ったのが「ロハスたまりば」の始まりです。この「ロハスたまりば」を理想にしたいのです。そしてこの「ロハスたまりば」に集う人びとと共に自他共楽の理想を築きたいと思っています。