麹や大豆が一体いくらで売られているか知りたくて、
良心市と道の駅を偵察に行って来た。

まず良心市、

近くの農家が大豆を出している。

600円、タグには重さの記載が無いが、たぶん1升(1.3kg)
$棒禅三昧!手前味噌!-??.JPG

ユワキヤ醬油㈱ 米こうじ 500g 800円(100g160円)
$棒禅三昧!手前味噌!-??.JPG
さすが醬油屋の麹、きれいに仕上がっている。

農家の作った米こうじ 350g 380円(100g109円)
$棒禅三昧!手前味噌!-??.JPG
醬油屋の麹より3割以上安い。
そして以前見たときよりも上手に仕上がっている。
最近の麹ブームで良い商品でないと売れないのだろう。

どの様な設備で作っているのか気に成るところ。( ̄ー ̄;

道の駅には麹を置いている人は居なかったが、

こんな商品も・・・「甘酒ビン入り」420円
$棒禅三昧!手前味噌!-??.JPG

おそらく甘麹(甘酒の元)「ひとめぼれジャム」
$棒禅三昧!手前味噌!-??.JPG

赤ちゃんの離乳食に甘麹とは良い考えかも(-^□^-)

「飲む点滴」
甘酒には、大量のブドウ糖の他にも、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や、システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸が含まれています。
これらの栄養はいわゆる栄養剤としての点滴とほぼ同じ内容であることから、「飲む点滴」と言われています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です