ロハス玖珠たまりば土蛙.沢蟹

水しぶきがかかるこの場所
ここは土蛙のお気に入りの場所
カワニナもいます。そこへ辺りの気配を伺いながら沢蟹が這い上がって来ました。

何時も周りを注意深く警戒している自然界の生き物ですから当然それぞれ相手を確認しているはずです。

土蛙はピクリとも動きません。

沢蟹は這い上がった後から気づいたのか?

コソコソと土蛙の脇を通って水の中へ戻って行きました。

彼らはどんな会話をしたのでしょうか?
土蛙「分かっているだろ此処、俺の場所だぞ」

沢蟹「なんだ居たのか…ブツブツ ブツブツ ブツブツ…」

みなさん想像して見て下さい。
” 自然界の会話 ” 音にならない色んな声が聞こえて来ます。