「手前みそ工房」になる倉庫の天井には、洗米した酒米を、甑(コシキ)に移すためのリフトのレールが、廃業後もそのままになっている。
かなりの重量の鉄のレール、木造の建物には相当な負担なのだろう。
中心に柱の無い、合掌のみで支えられた屋根がかなり下がって来ている。瓦もずれぎみ。

気になって、気になって、仕方なかった、この厄介物とも、やっとおさらばできる。
本来、足場を組んでやる作業、経費節減のため、梯子で登り、上で解体しながら降ろすと言う。
ベテランさんならではの、知恵と経験と技術で出来ること。
ありがたい。

リフトのレール解体

レールの重みで下がり気味の屋根
$棒禅三昧!手前味噌!-??.JPG


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。