9月16日のブログで予告した、名案の結果やいかに?

《9/16予告》
『予定が無くなったので、延び延びになっていた。名案を実行。
竹筒の中に陶土を詰め込み、中心には鉄筋が入っている。
どう使うかは後日発表、
石窯の熱効率が良くなるはずだが・・・結果は後日のお楽しみ!』
$棒禅三昧!手前味噌!-??.JPG

途中、陶土がなかなか固まらなかったので、耐火セメントに詰めかえました。

耐火セメントの詰まったこの竹筒、この様に使いました。

実はこの石窯、3つ有る燃焼室どれもが広すぎて、温度を上げるのに時間が掛かる。

薪がもったいないなと思っていました。

天井を低くすれば熱効率が上がると思いました。

下の窯の両脇にレンガを立てこの竹筒を渡しました。

そして火を燃やすと、
$棒禅三昧!手前味噌!-??.JPG

竹筒が燃えて、耐火セメントのすのこ状の天井が現れました。
$棒禅三昧!手前味噌!-??.JPG

1時間も薪を燃やせば、300度以上の高温になる優れ物の石窯に変身。

耐火セメントの天井の隙間から上がった炎で、上の窯の底も熱っせられ、

上の窯で、芋や、肉や、パンを焼くのに最適な条件が整いました。

上の窯では恐らく燻製も出来るでしょう。o(^▽^)o



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。